体温でPMSか妊娠かを判断する

PMSによる吐き気のメカニズム

PMSを発症した際に最もつらい症状は吐き気であり、長期間症状が続くと身体に大きな悪影響を与えてしまいます。

PMSによる吐き気の原因や対処法

なぜ吐き気をもよおしてしまうのですか?
生理が近づくと体内にプロスタグランジンと呼ばれる物質が増え、子宮の収縮を促して経血を身体の外へと排出しやすくします。このプロスタグランジンの量が増えすぎると血管が収縮されて腰痛やだるさが発生し、胃腸にも働きが及ぶことで下痢や吐き気も誘発してしまいます。そのためPMSを発症した際に強い吐き気を感じた場合は体内で生成されるプロスタグランジンの生成を抑制し、胃腸などに悪影響が生じないように対処することがとても大切です。
PMSによる吐き気を緩和するにはどうしたらいいですか?
PMSを発症した際に増加するプロスタグランジンの量を調整するには、身体を冷やさないように対処するのが最も有効です。身体が冷えると血行が悪くなり子宮を収縮する力が弱まるため、身体は血流改善を図るためにプロスタグランジンの生成を促してしまいます。きちんと体温管理を行なって血行を良好に維持しておけば、プロスタグランジンが大量に生成されることはありません。またプロスタグランジンの生成を抑える食材を摂取すれば、より高い効果を発揮することが可能です。
吐き気がひどくて何も食べられません。嘔吐感を抑えられる飲み物はありますか?
漢方としても使用されることの多いショウガには身体を温める効果が含まれており、冷え性の改善や吐き気の抑制を行なうことができます。吐き気が生じた際はショウガをすりおろし、温かい飲み物にショウガを入れて飲むのがとても有効です。ショウガを使った飲み物にはいろいろな種類があるので、実践する際は自分に適したレシピを活用しましょう。

もしかするとPMSではなく妊娠の可能性もあります!

女性

PMSを発症した際に生じる吐き気は、体温が下がった後に収まることが多いです。しかし体温が高い状態が長く続く場合は妊娠の可能性があるため、妊娠検査薬で一度調査を行なってみましょう。妊娠検査薬を使うタイミングは受精したと予測される日から約11日程経過した時であり、10日以上高温期が続いていて月経が来ていない場合に検査を行なうのが最適です。

妊娠初期のつわりは吐き気だけじゃない!

妊娠初期に生じるつわりとは不快な症状のことであり、厳密には吐き気のことを表しているわけではありません。ここでは妊娠した方の多くが感じているつわりの種類や、症状を改善するのに有効な対策を詳しくご説明します。

つわりの種類

においづわり
ご飯を炊いた際に発生する臭いや煮物の臭いなど、普段は気になることがなかった臭いが不快に感じてしまう症状です。自律神経が不安定になることで発生する症状であり、長期間続くと食欲が衰退してしまう可能性があります。
食べづわり
常に何か食べていないと吐き気が発生してしまう症状であり、この症状が出ると体重が急激に増えたりしてしまうことが多いです。胃がムカムカした状態になる場合は、もしかするとこの食べつわりが原因であるかもしれません。
眠りつわり
身体が疲れていたり睡眠が不足しているわけでもないのに、強い眠気が生じてしまう症状です。この症状が現れるのは妊娠によってホルモンバランスが変化し、身体がその変化についていけていないからだと考えられています。
よだれつわり
女性は妊娠すると消化機能が低下してしまい、水分代謝が悪くなってしまうことが多いです。こうなると身体の中に水毒と呼ばれるドロドロの水に似たものが溜まっていき、唾液や鼻水の量が増えてしまうので注意しましょう。
頭痛
発生する痛みは人によってそれぞれ異なりますが、頭の片側だけに痛みが生じたり偏頭痛を感じたりすることがあります。このように頭痛が生じるのはストレスや体調の変化で脳血管が広がり、神経が圧迫されたりしてしまうためです。

妊娠していたら吐き気止めの薬はNG!

PMSを発症した際に生じる吐き気を改善する際は、ナウゼリンなどの薬を処方してもらうことがあります。しかしこうした薬は胎児に悪影響を及ぼす可能性があるため、妊娠中の方がこうした薬を使用するのはとても危険です。強い吐き気を感じる場合は産婦人科などで診察を受け、医師から適切な薬剤などを処方してもらいましょう。

つわりによる吐き気だった場合の対処法

食事は無理に食べなくても大丈夫です。(50代/婦人科医師)

つわりが発生すると吐き気によって規則正しい食生活を行なうことが難しくなりますが、無理して普段通りの食生活を続ける必要はありません。食べられる時間帯に食べれる食事だけを摂取すれば、必要な栄養をしっかり摂取することができます。妊娠初期は栄養の量やバランスなどを詳しく気にする必要がないため、それぞれの体調に合わせて食事を摂取するのが最適です。つわりが辛くて食事がとれない場合は、症状が軽い時間に食事を摂取するようにしましょう。

遠慮せずに辛い時は周りの助けも借りてください。(40代/婦人科女医)

妊娠した際やPMSを発症した際は身体に吐き気などのさまざまな症状が現れ、普段通りの生活をおくることができなくなります。そのため心身が不安定になってしまうことが多いので、つわりなどの症状が現れた際は家族などに頼って身体への負担を軽減しましょう。体調に合わせて仕事の量を減らしたり、気分転換を図ったりすれば症状を軽減することが可能です。無理に家事や仕事を行なうと、症状が悪化したりしてしまう可能性があります。

吐き気などの症状が発生した場合は自己判断を行なわず、基礎体温を測ったり症状の特徴などを細かく調べることがとても大切です。きちんと調査を行なっておけば症状の原因を特定し、最適な対処法をとることができます。

TOPボタン